Rikako Blog

Rikako Blog

高校生の雑記ブログ

中学生体験入学 ~少しでも意義のあるものにするために~

こんにちは りかこです。

今日は、高校の講習は、中学生の体験入学のためお休み。イエイ!
あの、講習のダルっとした空気…嫌です。
そもそも都会はクーラーあるらしいけど、青森付いてないです。はい。




まぁそんなことはどうでも良くて、中学生体験入学。正直これがある事の良いことっていうのがあんまり見出せてないんですけど、自分の時のを振り返りつつ、体験入学を無駄にしないためにできる事を書こうと思います。








講義 実際とは違うからね

学校によっては、学校説明の他に模擬講義をやってる所があると思います。八戸高校はやってます。

私の時は、英語受けました。
Let's 東大英語 っていう題で
東大の自由作文の問題やりました。

絵だけのプリントを渡され、隣の人と話し合って、自由にストーリーを作ろう的な感じです。


なかなか楽しかったです。



でも、高校入ってそんな事一切やってないです。予習で本文訳して、授業で確認という中学校と同じ内容ですよ。ただ単語テストが増えただけ

明らかに講義の方が良い事やってるんだから、それを実際にやれば良いのに…




1つ言えるのは、ふつうの高校の授業に期待を持たない事ですかね。




逆に友達で講義の数学が意味わかんなくて、高校変えたっていう話をきいたけど、それは、高校数学が混じってたらしくて分からないのも当然。


あんまり講義をあてにしない方がいいきがします。














何かしらは覚えておこう

体験入学とかで何をしたか全く覚えてなくても、他校の人とかの顔を覚えてると入学した後話のネタになります。



講義があるなら、講義のクラス一緒だったよねとか。



〇〇の学校の人、体験入学来てる人多くなかった?とか







なんでも良いです。
ちょっとした事でも覚えてれば、それで結構話できるので。












以上です。あとは、自分でこの高校には入りたいなぁ〜と思えるとこを精一杯探せば良いと思います。 熱中症に気をつけて頑張ってください。