Rikako Blog

Rikako Blog

高校生の雑記ブログ

こういう事したいって言えますか? 〜半径5メートルの野望を読んで〜

はあちゅうさんの半径5メートルの野望を読みました。
どの章も心に響くいい話でした。その中で1つすご〜く自分も思うことを取り上げで書きました。








マインド貧乏が不幸を呼び寄せる



とある時に、2日続けてご飯会に行きました。1日目は、数合わせで呼ばれた合コンで、相手は年収が少し低めのサラリーマン。そして、2日目は、仕事関係の人で、相手は全員起業家でした。両日とも、その時世の中を騒がせていたニュースが話題になったのですが、
1日目に一緒にいたサラーリーマンは、社会問題に関して、世の中が悪い、政府が悪い、時代が悪い、会社が悪いと愚痴ばかり言っていました。



ところが、2日目の起業家の会では、1日目と同じようなニュースの話をしているにもかかわらず、参加者から出てくる言葉が、だからこういう世の中を作りたい、こういう時代にしたい、そのために、自分はこうしたい、という意思のある会話でした。



半径5メートルの野望 はあちゅう




私は、これを読んで学生もそういう感じだよって思っちゃいました。

高校に入って、私が友達と将来について語った事ほとんどないです。

大学を決めるのも何学部はあそこの大学が有名だからとか、就職しやすいからという感じの理由なので将来どんな事をしたいかなんて語った事ないです。



理系クラスでは、看護師になりたい人が多いですが、どういう看護師になりたいのか、そういう話をしないので全然知りません。

色んな理由や将来性があっていいはず。
皆が安定が理由ならなんか悲しいです。





私は、小1から中3までそろばんをやっていました。10段持っています。そろばんの効果はすごいと思っています。
私は、教科書とかで発展途上国の子供がそろばんとかをやってる写真を見てこういうことできればいいなぁ〜って思ってました。


高校入試の時の面接でも、大学は決めていませんが発展途上の人にそろばんや勉強を教えるような活動ができればいいです的な事を言った気がします。

そういう事をするには、どういう道に進めばいいのか高校に入れば知れるんじゃないかってちょっとした期待を持っていたんですけど、入ったのは、バリバリの進学校なので知れるはずもなく、やりたいことがよく分からなくなりただ名前の知れた大学を目指してました。
それが凄く恥ずかしいです。




でも、それが今の日本の現状のような気がします。良い大学に入るって事が良いっていうのがまだ強い気がします。



大学に入ってこういうことしたいっていうのが見つかれば良いけど、結局わからず就職すると、世の中や時代が悪いと愚痴を吐く人になっちゃうのかなって思います。




高校生やりたいこと見つかってない人の方が多い気がします。


でも私は、学歴、親の心配とか考えないようにしたら素直にやってみたいっていうのはでてきた気がします。

だから、将来自分がどういうことをしたいのか周りの事を気にせず考えてみませんか?

結局ワクワクしますよ。








自分は、海外でそろばんを活かすのもいいけど
中高生が将来なりたい自分を語れるような社会にしたいな…